なぜ女性はラインで既読スルーをするの?女性心理とLINEの注意点とは?

投稿日:2017年1月14日 更新日:

どうも、ヒッチです。

LINEはポイントを押さえておけば、既読スルーされることはなくなります。女性とLINEをやっていて、

「何で見たのに返してくれないの??」

「いい感じでラインできていたのになんで??」

といった悩みをもった男性も多いはず。そこで今回は、LINEの既読スルーをする女性の心理と女性とLINEをするときの注意点をご紹介していきます。

ラインを既読スルーする女性の心理

まず、既読スルーをする女性の心理から考えていきたいと思います。ここで書いている内容が全ての女性に当てはまるわけではありません。

しかし、ここで紹介する女性の心理を頭にいれておくことで、たとえラインの返事が遅くても、女性とラインをしているときに余裕を持つことができます。

興味がない又は嫌われているから

既読スルーされる一つ目の理由は、興味がないまたは嫌われているからです。

この女性の行動に対して、「ヒドイ!」と思う男性もいるかもしれません。私も思ったことがありますから・・・。

しかし、興味を持たれなかったことや嫌われていることは悪いことではないと思っています。

なぞかというと、価値観は人それぞれなので合う合わないというのは必ずあります。だから、無理にその人に好かれようと我慢をすることの方がお互いにとってストレスになることもあります。

じゃ、諦めるしかないのか?と思うかもしれませんが、ここからでも興味をもってもらう方法はあります。

LINEの内容がつまらないと思っている

会話でも同じですが、内容がつまらないと返答に困りますし、返事の内容を考えるだけで疲れてしまいます。

何でもそうですが、「楽しい!面白い!」と思えなければ、「また来よう!」とか「また観よう!」とはなりませんよね。

女性にとってのラインも同じで、つまらなけば「返そう!」とはならないのです。

女性につまらないと感じさせる代表的な内容

  • いま何している?
  • 明日は何するの?
  • 今日は何を食べた?

相手との関係性にもよりますが、「なぜあなたに言わないといけないの?」とか「面倒くさい!」とか「それ聞いてどうするの?」と思われてしまい、既読スルーされてしまうことがあります。

後で返そうと思って返事が遅れてる

なんて返していいか分からず、返事の内容を考えていて2〜3日既読スルーになっている可能性もあります。

少し踏み込んだ、「あなたに興味があります。」といった意味をもつ内容を送った場合なんかは、友達に「こんな内容がきたけどどう思う?」と相談しているかもしれません。

他にも、「お疲れさま」とか「今日は◯◯食べたよ」など、あいさつや報告だけの内容は、返事するのに困ります。

あえて返さず焦らせているから

ひょっとすると、駆け引きをしているのかもしれません。テンポよくラインをしていたのに急に既読スルーされたときは、敢えて返さずあなたを「焦らせている」こともあります。

ラインで、写真を送ってきたり、「今日は◯◯してきたー」、などの内容を送ってこられるくらいの関係性になっていたら、この可能性は非常に高いので焦らずに返事がくるのを待ちましょう。

忙しくてLINEを見ていないから

女性は忙しいですからね。ショッピングや友達とランチ、仕事だって昼と夜の掛け持ちをしている女性だっています。

だから、あなたに惚れていない限り、あなたとのラインが常に第一優先なわけはありません。

忙しくて内容を読んだけど返事を忘れてしまっていることだってありますし、疲れていてラインする気分じゃないときだってあるでしょう。

会話がすでに終了したと思っているから

送ったラインの内容によっては、会話が一度終わったと思って返事を返さない女性もいます。

ですので、この場合は本人も既読スルーをしているつもりがないでしょう。

他の男性とのLINEを優先しているから

ラインの相手が魅力的な女性であるほど、男性からアプローチされることが多いです。

なので、女性も気になる男性やラインしていて面白い人だけ積極的に返事をするでしょう。

逆に興味のない男性とのラインは面倒くさくて、既読スルーしていることがあります。

 

以上、女性が既読スルーをする心理を7つお伝えしてきました。納得がいかない部分もあったかもしれませんね。

しかし、場合によっては返信が来なくても好意を持たれている可能性もあるので、既読スルーをされてしまったからと言って、必ずしも嫌われている訳ではありません。

女性に既読スルーされないためのLINEの注意点

まず、気になる女性にラインを送るときに意識していてほしいことが二つあります。

一つ目は「彼女ではない」ということと、二つ目は「男が思っているほど、女性はラインやメールのやり取りは好きではない」ということです。付き合ってる場合は別です。

LINEの送り過ぎには注意せよ

彼女でもない女性に自分が気になるからといって、一方的にラインを送り過ぎてしまうと避けられます。

相手の女性が自分に気があると確信できているならいいですが、まだ自分には気がないだろう、どちらか分からないという状況の時は、週1〜2回程度の頻度がいいです。

彼女との距離が近づくまでは、ラインを送る頻度を週1〜2回くらいにして、相手の気になる存在へとレベルアップしていきましょう。

LINEのテンポが良くても調子に乗らないよう注意せよ

ラインの返事が早くてテンポがいい、女性の方からも頻繁にラインを送ってきてくれる、「これは距離が近くなったな」と手応えを感じているときに、つい調子に乗ってしまうと失敗してしまいます。

疑問系でないラインに対しても返事を返す、早く会いたいと言った内容ばかり送ってしまう、「おーい」とか意味の分からないことを送ってしまう、などです。

相手の女性はタイミング的に、時間に余裕があったからラインをしているかもしれませんし、一度ラインを終わらせたくて、敢えて疑問系でないことを送っているかもしれません。

ラインのやり取りでは、相手の状況までは見えません。だからこそ、返事が早いという理由だけで調子に乗ってしまうことがあります。

ラインのテンポが良くても油断は禁物です。

ダラダラと意味のないLINEには注意せよ

そもそも、なぜ女性にラインを送るのですか?

多くの人は、「彼女にしたい」「友達になりたい」「抱きたい」と思っているはずです。

そうであれば、ラインは女性と「会う」ためのツールでしかありません。女性も彼氏でもない、特別気になっているわけでもない男性とダラダラとラインすることは望んでいないはずです。

であれば、彼女でもない女性に送るラインの話題は、「お誘い系」しかないと思っていいでしょう。

例えば、「今日、〇〇〇で食べたカルボナーラがすごく美味しかったから、もし良かったら一緒に行きませんか?」と最近の出来事の話題をフリつつ、デートに誘いましょう。

これが、「今日、〇〇〇で食べたカルボナーラがすごく美味しかったよ!」と送った場合、きっと女性の気持ちは「で?」または「へー」です。

まだ彼女でもない女性とのラインは、ダラダラとやり取りを繰り返すのではなく、メリハリをつけて話題をフリながらデートに誘って距離を縮めていきましょう。

ヒッチからのワンポイントアドバイス!

女性の心理を7つとラインを送るときの注意点を3つお伝えしましたが、これが全てではありませんし、絶対というわけではありません。

それほどまでに女性心理というのは複雑ですからね・・・

しかし、私が女性からラインの既読スルーをされなくなって、さらに確実にデートに誘うことができるようになったのは、今回お伝えしたことを含め、ラインを受け取る女性の気持ちを考えるようになったからです。

女性の気持ちを知るために、たくさんの女性とラインのやり取りをしてきましたし、無料のライン講座を読んだりして女性の心理も学びました。

これからは、デートしたい女性や彼女にしたい女性など、気になる女性とラインをするときは、今回の内容を頭の隅にでも入れておけば、ラインで既読スルーされることは減るはずですよ。

 

優良出会い系アプリランキング

-恋活ノウハウ
-,

Copyright© 優良出会い系アプリ!全部使ってみた本音のおすすめランキング , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.